プロフィール

yocco

Author:yocco
ブログでどれくらいのお小遣いが稼げるか挑戦中です☆
7歳と4歳の男の子がいます。
お小遣いのこと、子育てのこと・・・
いろいろ情報交換したいです。
よろしくお願いします。

アクセスカウンター

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

☆おすすめ☆



インターネット広告ブログ広告

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

☆ショッピング☆
☆リンク☆
カテゴリー
FC2カウンター

ブログ検索

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

葬儀のかたち

人生、誰しも平等にやってくるもの・・・それは「死」です。
悲しいことですが、それが現実です。
葬儀」って、その人の人生の最期を締めくくるという意味で大事なものですよね。
でも、実際は悲しむヒマなんかなくて、葬儀プランや料金など、いろいろなことを決めなくちゃいけない。
しかも素人は何もわからないから、業者の言いなりになってそのまま終わるというのが現状ですよね。
本当は1番悲しむべき遺族が、できぱきと事務仕事をこなさなくちゃいけないなんて、なんだかつらいです。
でも、私もきっとそうやってしなくちゃいけないんだろうと思ってました。
でも、違うんです。
葬儀・家族葬・社葬の感動葬儀社アーバンフューネス」ならば、遠慮なくいろんな相談にのってもらえるそうなんです。
細かな相談に乗ることをモットーにされているので、故人の望む形、遺族の望む形の葬儀にしてくれそう。
料金プランも多数ありますし、組み合わせ自由な手作りプランまで充実です。
もちろん、自分の葬儀を生前にプロデュースしておくなんてことも可能でしょうしね。
参列していただく方に感謝の気持ちを伝える葬儀を用意しておく、というのも、いいかもしれません。
人それぞれ、人生の最期の締めくくりには遺族や友人にお別れを言いたいものですもんね。
そんな理想の葬儀、いつまでも心に残りそうですね。

「※BloMotion・キャンペーン参加記事」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yoriyorimama.blog58.fc2.com/tb.php/480-f5019b9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。